もっと低くしたい」のように相手に対して申請するだけです

多くの場合、クレカの月ごとの限度額がいつも利用する以上に多く設定されていると余裕だと誤解して、考えずにカードを使用してしまったりします。76-2-3

こういったクレカ使用の危険を抑制する意味でもクレカの限界額をあらかじめ低くしておこうというのがこれから申し上げる文章の主旨となります。76-20-3

月の限度額を引き下げる方法■使用カードの上限額の引き下げとは、月の限度額を引き上げる手順と等しくシンプルです。76-18-3

後ろにプリントされている電話番号に電話をかけて、「カードの限度額をもっと低くしたい」のように相手に対して申請するだけです。76-14-3

一般には現時点での限度額に対して少なければ特別な調査なしでその場で限度額の変更ができます。76-16-3

月ごとの限度額を増やさないならお金を守ることとも結びついている…クレカの利用限度額をセーブしておくことは自分をコントロールできる等のメリットは言うまでもなく被害に遭わないようにすることにも関係してきます。76-15-3

もしも、大事なクレカが悪意のある人物に知らない間に使用されたような場合でも、日頃から契約カードの限度額を低く設定しておくようにすれば被害を可能な限り最小限にすることができるためです。76-8-3

覚えておいてほしいのは、万が一勝手に使用されたとしてもクレカの契約者に重大な過失がないなら盗難保険として知られているしくみがユーザーを助けてくれるということです。76-11-3

余計な心配は必要ないのですが、もしものことを頭に入れておき不必要な利用限度額はセーブしておくなら安心でしょう。76-7-3

不必要な余裕は良くないことと言えます。76-12-3