www.gloriadeisouthbend.org
書籍のチラシ、スポーツ新聞紙、電話ボックスにあるチラシやダイレクトメールで「多重負債の整理します」「借金を一本化しませんか」という内容の広告を閲覧することがよくあります。こういうのは、「片付け屋」「買取専門人」「つなぎ業者」という通称の会社のだまし広告の場合が存在します。使った際には破産申請フローの中で最重要な免責決定を受け取れないリスクもありえます。「整頓人」では、チラシなどで借金を抱える人は引き寄せ、法外な依頼料を受けて整頓を行うのですが、現実には負債整頓は実行されずに、債務者はもっと借金スパイラルに落ちる結末が大方と言えます。「買取専門人」とは、債務者のクレジットカードで、デジタル用品、旅行の券などを大量に注文させて、当人からそういった品目を買った値段の20%〜半額で買い直すという手法です。借金者はそのときは金銭が手に入れられますがまもなくカード企業経由で商品の全額の催促がきて、結局は債務額を増大させる結果となります。このケースだとカード業者へ詐欺に当たるとされてしまい免責承認をもらえません。「つなぎ業者」の場合大手金融業者から断られる負債人に対し、業者としては融通は一切せずに、資金提供をしてもらえる違う店を紹介して、高い依頼料を取っている業者です。紹介屋は高度な経由で金貸ししてもらえたという口調で報告しますが、実際には特に何もせず、シンプルにルールのゆるめのサービスを説明しているだけです。このケースも結局のところ債務額を重ねる結果に終わります。