www.gloriadeisouthbend.org
民事再生による整理は住宅ローン等を含めて複数ある債務に悩んでいる方々をターゲットに、住宅を維持しながら金銭管理において立ち直るための法による手段として平成12年11月に適用されたルールです。民事再生制度には、自己破産制度とは違い免責不許可となる要件がなく競馬などで借金をした場合でも民事再生は可能ですし、破産手続きが理由で業務できなくなってしまう立場で仕事をしているような方でも制度の利用が検討できます。破産の場合だとマンションを残しておくことは許されませんしその他の債務処理では、元金自体は戻していくことが求められますので、住宅のためのローンも払いつつ支払うことは現実問題として困難だと考えられます。しかしながら、民事再生による手続きを採用できれば住宅ローン以外での負債額は負債をカットすることも可能なため、余裕をもって住宅ローン等を支払いつつ残りの借り入れ分を払い続けることもできるということです。とはいえ、民事再生という選択は任意整理や特定調停といった手続きとは違って一定の負債だけを切り取って処理をすることは考えられませんし破産申請に適用されるように債務が消滅するのではありません。くわえて、それ以外の債務整理に比べて手続きが簡単には進まず時間もかかりますので、住宅ローン等が残っていて住宅を手放せない場合等を除いて破産手続きのようなそれ以外の選択肢がない際のあまり優先したくない手続きと考えた方がいいでしょう。